警察に届けられた犯罪に対して、何らかの理由で届けられない犯罪被害が
他にも発生しているのではないか、ということは何となく分かると思います。
「今年は○百万件犯罪が発生しました・・・」と新聞やテレビで報道されますが
実はこのようにメディアで発表される事件数は、届けられた、
あるいは警察が認知した事件数だけです。

例えば、少女に対する強姦や強制わいせつなどの性犯罪被害は、
心理的、肉体的、社会的に受ける大きなダメージやマイナスの負担を理由に、本人や家族が
警察に届けることを拒み「泣き寝入り」してしまうことが少なくありません。
警察に届けられた犯罪に対して、何らかの理由で届けられない犯罪被害が
他にも発生しているのではないか、ということは何となく分かると思います。
「今年は○百万件犯罪が発生しました・・・」と新聞やテレビで報道されますが
実はこのようにメディアで発表される事件数は、届けられた、
あるいは警察が認知した事件数だけです。

例えば、少女に対する強姦や強制わいせつなどの性犯罪被害は、
心理的、肉体的、社会的に受ける大きなダメージやマイナスの負担を理由に、本人や家族が
警察に届けることを拒み「泣き寝入り」してしまうことが少なくありません。
日本では、国際犯罪司法研究所が中心になって、ほぼ4年ごとに実施しています。
平成12年の調査によると、日本では全世帯数4,630万件のうち、
41%に当たる約1,900万世帯が何らかの犯罪被害を受けていることがわかりました。
(過去5年間の合計)犯罪の種類は強盗・窃盗から自転車盗までさまざまですが
1年間の平均に直しても、全世帯の14.6%が被害にあっています。
このことは、実際に警察に届けられた犯罪被害の約2倍くらいの犯罪が発生していることになります。





日本は本当に安全な国なのでしょうか?
Copyright(C) Allrights Reserved.hoankeibi.baba☆mayama